昭和・平成レトロのメルカリ 「ウチの実家」 。"気づき訴求" からユーザーの心をとらえる秘訣

メルカリのユニークな事例から、ユーザーの心を動かし、狙った行動を起こしてもらう秘訣を紐解きます。
多田 翼 2024.01.31
サポートメンバー限定

自社商品やサービスのユーザーに 「もっと使ってほしい」 と言っても、それ以上使う必要があると思わなければ、ユーザーの心に響くことはないでしょう。

これまでに認識していなかった新しい必要性を持ってもらうという 「気づき訴求」 が重要です。

今回は、メルカリのユニークな事例から、ユーザーの心を動かし、狙った行動を起こしてもらう秘訣を紐解きます。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、2513文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

購読メリット
・マーケティングのことが学べる
・人気商品のヒット理由がわかる
・仕事でマーケティングや商品アイデアのヒントになる
サポートメンバー限定
コラボス UZ 。マーケティングにこう使えば、顧客体験の理解が多面的に...
読者限定
#186 💡これぞ発想の転換!捨ててた・売れ残りを有効活用してのビジネ...
サポートメンバー限定
チョコザップの快進撃の裏に、PDCA と OODA の二刀流あり
サポートメンバー限定
ピップエレキバンのマーケティング課題。ジョブ理論で「認知度と解決策想起...
サポートメンバー限定
アイスピノのマーケティングがおもしろい。「ゲーム」 「パッケージ」 「...
読者限定
#182 👀これで 「市場を見る目」 はバッチリ!市場トレンドへの "...
サポートメンバー限定
賢者の盲点をつくスーパー 「まるおか」 。非合理な戦略から生まれる成功...
サポートメンバー限定
大手に挑むには雑草に学べ!戦わないための3つの戦略からの生きる道