ピップエレキバンに学ぶ、ジョブ理論で 「認知度と解決策想起のギャップ」 を解消する方法

#マーケティング #想起 #ジョブ理論
多田 翼 2024.04.10
サポートメンバー限定

本来はそうあってほしいのに、自社の商品がお客さんの問題解決の選択肢として頭に浮かばれない…。ここにマーケティングの課題があります。

今回はこの問題に焦点を当て、ぜひ一緒にマーケティングへの学びを掘り下げていきましょう。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3053文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

購読メリット
・マーケティングのことが学べる
・人気商品のヒット理由がわかる
・仕事でマーケティングや商品アイデアのヒントになる
サポートメンバー限定
ノバセルが選んだ戦場。効果的な市場選択と勝ち筋の見極め
サポートメンバー限定
アサヒホワイトビール。お客さんを 「主人公」 にする顧客起点での商品開...
サポートメンバー限定
4℃ の顧客設定とリブランディング。「購入者」 だけでなく 「利用者」...
読者限定
#229 ✨顧客インサイトからのリブランディング。お客さんの真の望みを...
サポートメンバー限定
ChatGPT と開発した食べ歩きプリン。AI がもたらすアイデア創発...
サポートメンバー限定
傘にまつわるストレスを解放する 「アイカサ」 。マーケティング 4P ...
サポートメンバー限定
ユーザーインと伴走型経営。アイリスオーヤマのいかなる時代環境でも利益を...
読者限定
#225 🔄本当にやり切っている?PDCA を徹底する方法をマーケティ...