ユーザーインと伴走型経営。アイリスオーヤマのいかなる時代環境でも利益を出す仕組み

#マーケティング #顧客理解 #本
多田 翼 2024.05.17
サポートメンバー限定

ビジネスで成功するには、顧客ニーズをいかに理解し、製品開発やマーケティングに活かせるかがカギを握ります。

著者は、家具大手のアイリスオーヤマの会長である大山健太郎さんです。アイリスオーヤマの実質的な創業者にあたる方です。

アイリスオーヤマの事例を通して、どのように 「ユーザーイン」 のアプローチをとり、全社的な戦略と連携で利益を継続的に生み出せるのかを紐解きます。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、2936文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

購読メリット
・マーケティングのことが学べる
・人気商品のヒット理由がわかる
・仕事でマーケティングや商品アイデアのヒントになる
読者限定
#246 🎯これぞ一点集中の戦略。振り切っての勝ち筋のつくり方を解説
サポートメンバー限定
パンのトラ。顧客体験を高める、売り物、売り方、買い方、買う物
サポートメンバー限定
価値を生むマーケティングリサーチとは?ビジネス課題を解決するダブルダイ...
サポートメンバー限定
おしゃれ自転車ヘルメット。POP で入り、POD で勝つ差異化戦略
サポートメンバー限定
沖縄ジャングリア。消費者理解、価値定義、コンセプト化、 勝ち筋の追求の...
読者限定
#241 ✋そっと背中を押すマーケティング。ゲーム × 学問のコンボ技...
サポートメンバー限定
ビジネスツールから青春の象徴へ。「辺境の地」 で生まれたポケベルという...
サポートメンバー限定
オルツ 「AI クローン」 。AI クローンに自分の代わりにお金を稼が...