水門メーカーがつくった焚火台。顧客不在の脱却が新規事業成功への分岐点に

#マーケティング #顧客起点 #メンタルアベイラビリティとフィジカルアベイラビリティ
多田 翼 2024.07.09
サポートメンバー限定

新しい市場に踏み出そうとするとき、過去の成功体験に安住したり、社内しか目を向けていないと、足元をすくわれかねません。

今回は、水門メーカーの乗富 (のりどみ) 鉄工所の挑戦から、新規事業をどうやってつくっていくかの秘訣をマーケティング視点も入れて紐解きます。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3240文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

購読メリット
・マーケティングのことが学べる
・人気商品のヒット理由がわかる
・仕事でマーケティングや商品アイデアのヒントになる

提携媒体・コラボ実績

サポートメンバー限定
キーエンスのすごい営業力に学ぶ、頭の中の想起の引き出しとジョブ理論
サポートメンバー限定
オルビスに学ぶリブランディングの落とし穴。パッケージを安易に変えるリス...
読者限定
#266 🔍お客さん目線になる方法。同じ体験に没入することで得られる深...
サポートメンバー限定
木村石鹸。セオリーとは逆の顧客中心の戦略と実行
サポートメンバー限定
罠ブラザーズ。参加ハードルを下げて新規のお客さんを増やす秘訣
サポートメンバー限定
異文化で彩る BENTO 。新しい顧客文脈を捉えての商品価値の再定義と...
サポートメンバー限定
ブランディングを科学する。独自ブランド資産の構築、ブランド連想、評価方...
読者限定
#261 ✨ブランド構築をリーダーシップで解説。旗をかかげてブランドの...